お客様の髪を甦らせるためのモデルノの7つの秘密

カット、パーマ、カラー。 さまざまな方法でダメージを与えて来た髪を、それぞれのお客様に合わせて
20年以上甦らせて来た美容室モデルノ。 この7つの秘密が私たちモデルノのミッション・クレドです。

モデルノのパーマはココが違う
ウソがありません。

髪が弱っている方には、あらかじめ、「髪が弱っているので、最高の状態は望めません」と、前もって申し上げ、納得して頂いた上でしか施術しません。
デジタルパーマのように「傷みやすいパーマ」は、傷まないと言い切れるレベルになるまで、「見切り発車発売」は致しません。

一般に使われているパーマ液の1/3〜1/6のやわらかさ パーマは「弱っている髪の毛」に強い薬でかけるから傷むんです。
適正を見極めれば、手触りはパーマをかけた方が良くなります。

*パーマ液はモデルノのハンドメイドです。 だから、絶対に真似が出来ません。 パーマの2液は、きっちり2回 パーマの2液(2回目につける液)を軽視している美容室は少なくありません。
中途半端に2液をつけるとダメージの原因になります。
モデルノでは1液の1.5〜2倍の2液を使います。

*2液もモデルノのハンドメイドです。 だから、絶対に真似が出来ません。 完全アルカリ中和します。 パーマの2液をたっぷり付けても、パーマ液は、まだまだ髪の内部に 潜んでいます。 ロッドをはずして洗い流してから、もう一度、アルカリ中和剤を髪に しっかり揉み込みます。
ココまでやらないと髪は傷んでしまうんです!

*アルカリ中和剤もモデルノオリジナル(専用工場生産)です。
だから、絶対に真似が出来ません。 絶対一人巻き パーマは最後まで「絶対に1人巻き」です!
左右を別々の人が巻くと、かかり上がりが同じになりません。 基本的な事ですよね。 髪を引っ張りません パーマを巻く時に「ぐいぐい」引っ張ると痛いだけでなく、髪の毛も傷んでしまうんです。(物理的損傷) 臭いが残りません 臭いを香料で隠すのではなく、無臭です。
カラーリングの傷みは「ダメージの蓄積です」

同じところを何回も強いカラーリング剤で染めるから傷むんです。

根元はしっかり、毛先はコンディションを調整するだけなので、一般美容室のカラーリングに比べダメージを40%以上軽減します。
*根元のカラーリング剤も20%以上ダメージの軽減をしています。

ダメージコントロールしているので「頭皮のヒリヒリ」が軽減。

モデルノのお客様によれば
「今まで我慢していた頭皮のヒリヒリを感じない」と言われます。

パッチテストをしてからカラーリングします
パッチテストは法律で義務付けられています。パッチテストを怠るとカブレや炎症・タダレの原因になります。しっかり揉み込みをします

乳化とも言います。毛穴の中にまで入り込んだカラーリング剤はシャンプーをするだけでは落ちません。
シャンプーをする前に、毛穴に入り込んだカラーリング剤を揉みだす様にマッサージします。

乳化を怠ると「かゆみ・カブレ・炎症・タダレ」の原因になります。

完全アルカリ中和しますシャンプーをしてもカラー剤は、まだまだ髪の内部に潜んでいます。  
洗い流してから、もう一度、アルカリ中和剤を髪にしっかり揉み込みます。
ココまでやらないと髪は傷んでしまうんです!

*アルカリ中和剤もモデルノオリジナル(専用工場生産)です。
だから、絶対に真似が出来ません。絶対一人塗り
カラーリングも最後まで「絶対に1人塗り」です!
左右を別々の人が塗ると、染まり上がりが同じになりません。基本的な事ですよね。
髪を引っ張りませんパーマ同様、カラーリングも塗る時に「ぐいぐい」引っ張ると痛いだけでなく、髪の毛も傷んでしまうんです。(物理的損傷)臭いが残りません 臭いを香料で隠すのではなく、無臭です。
モデルノのカットはココが違う
カットも立派に傷みます

切れ味の悪いハサミは絶対に使いません。
「カチカチ」音がしたり、髪の毛を噛んでしまうハサミは切れ味の悪い証拠。

切れ味の悪いハサミは「枝毛・パサつき」の原因になります。

レザー(かみそり)は一切つかいませんレザーは、切れ味の悪いハサミ同様、「枝毛・パサつき」の原因になります。削いで形を作るのではなく

「ベースカットをきっちりしてからボリューム調節」するのでデザインが崩れません。

モデルノのお客様によれば
「髪が伸びても形はおさまる」と言われます。

ワイドなデザインは出来ません。「やらない」のではありません。
「出来ない」んです。・ベースカット ・アプローチカット
・フィニッシングカット。
基本的に3回カットします。

ベースカット:髪が濡れている状態で希望スタイルの骨組みを作ります。
アプローチカット:一旦、乾かしてデザインをシェイプしていきます。
フィニッシングカット:毛先に表情(動き)をつけていきます。

常に完璧を求める「妥協を許さない」のがモデルノ流。
*お客様のご希望が「毛先を整えるだけ」の場合には毛先のみ整えます

4方向から確認します

前・斜め前・斜め後・後ろ
お客様がご自分で確認できるのは「前」からだけ。
周囲の方は「前・斜め・後ろ」からも見ています。

完璧なデザインを作るには4方向から確認して、どの方向からも「美しさを感じる」必要があります。
時には上からも、下からも確認することがあります。

無口になります真剣モードに入ると眼つきが変わり、無口になります。
お客様によっては「真剣さが髪からビンビン伝わってくる」とおっしゃる方もあり「普段と真剣モードのギャップが好き」と言って下さる方も多いです。

>このページのTOPにもどる

薄毛・細毛にお悩み ダウンロード

ダウンロードはこちらから。

サロンに来られるお客様にこっそりお知らせしていたプロしか知らない「髪の秘密」。

メールマガジン 「モデルノメール会員」に登録しませんか?

ヘアケア製品キャンペーンなどお得なお知らせを不定期でお届けします。

登録はこちらから。